会長挨拶

会長挨拶

 この度、歴史ある岐阜東RCの第52代会長を拝命いたしました林でございます。栄えある当クラブの会長という大役を私のような浅学非才な若輩者に一年間担うことが出来るか、その重責とともに、身の引き締まる思いであります。

 当クラブは創立50周年を終え、次の時代のスタートの年になります。川﨑芳浩幹事を始めとする執行部全員が一丸となり、全力でクラブ運営に努める所存です。全ての会員の皆様には、格別なるご理解、ご協力を賜りますようお願い申し上げます。
 我々は、新型コロナによる様々な領域で経験のない甚大な影響がある中、新たな生活環境で企業活動をしていかなければなりません。
 クラブ活動も皆様とともに柔軟に対応して乗り越えていきたいと思いますのでご協力をお願い致します。

 今年度のホルガー・クナークRI会長は「ロータリーは機会の扉を開く」をテーマに、いかにしてロータリーを成長させることが出来るかを考え、現会員を維持し、クラブにふさわしい新会員を募れるか?課題に向き合うため、いかに組織を強化できるか?ポリオ根絶の取組によって世界でロータリーへの意識が高まっている絶好の機会に行動を起こさなくてはいけないと提唱されています。

 第2630地区 剱田廣喜ガバナーのテーマは「伝統的日本ロータリーの文化を輝かせ、真のイノベーションへ」2度目のガバナーとして「職業奉仕を根幹とする日本伝統のロータリーの理念を大切にする」と提唱されました。
 クラブはRIの下部組織ではなく、クラブ自治権を発揮しクラブが開発した奉仕活動を実践し、地域と会員のために思いを尽くすことが独自性を持つことになります。

 今年度のクラブのテーマは「おもしろい岐阜東ロータリークラブ」としました。諸先輩方が築き上げて来られた様々な奉仕活動、他クラブや姉妹クラブとの交流、地域に愛され、特徴のあるクラブを意識し、地域発展の為の活動に繋げ魅力のある「おもしろい岐阜東ロータリークラブ」と言われるようにしたいと思います。

 1年間、皆様のご支援、ご協力を宜しくお願い申し上げます。

PAGE TOP